【FPS】「自分に合ったマウス感度」設定の見つけ方・合わせ方【DPI・WPS】

FPS/TPSゲームが上手くなりたいと思ったら避けては通れないのが「エイム感度(センシビリティー)」です。今回は「最適なエイム感度の決め方」について初心者の方にも分かるように、DPIの決め方からゲーム内感度の決め方まで紹介・解説していきます。

スポンサーリンク

ゲーム外感度

ゲーム外の感度というのは「WPS」と「DPI」によって決まります。

この二つの内「DPI」はゲーム内にも影響しますが「WPS」はほとんどの場合ゲームには影響しません。(メニュー画面の時などのポインターの速度には影響します。)

スナイパーライフルを持つ時とアサルトライフルを持つ時でわざわざ「DPI」を切り変えたりするひともいるらしいのですが、今回は「ゲーム中は同じDPIを使う」ものとして話を進めていこうと思います。

DPIを決める

まずは、DPIを決めましょう。DPIとは「Dots Per Inch」と言って「マウスを1インチ動かした時に画面内でカーソルが何ドット動くか」を表す数値のことです。ゲーム用のマウスであれば専用のドライバで設定出来たり、ボタン一つで簡単に切り替えることが出来ます。ゲーム用のマウスでなければ変更不可なことが多いです。

DPIが高いというのは「軽くマウスを動かしただけで1ドット動く=マウスの細かい動きが正確に伝わる」ということなので、理論的には「低DPI・高ゲーム内感度」と「高DPI・低ゲーム内感度」では「高DPI・低ゲーム内感度」が良いです。

ですが、低DPIにも「高DPIよりも細かい調整が出来る」ことや「ネガティブアクセル」や「カーソル飛び」が起きずらいなどのメリットもあります。

このように、それぞれにメリットがありどちらが良いとは一概には言えません。

これに対して、「プロゲーマーは「400dpi」や「800dpi」の人が大多数を占める」ということを引き合いに出す人がいますが、プロゲーマーはローセンシが大多数を占めるのだからそれは当然のことで、ハイセンシの人にも400・800dpiがベストということにはなりません。

具体的に数値的な根拠があるわけではないので申し訳ないのですが、大まかに

  • ハイセンシ  (振り向き0~15cm) :800dpi/1600dpi
  • ミドルセンシ (振り向き15~20cm):800dpi
  • ローセンシ  (振り向き20~ cm) :400dpi/800dpi

にしておけば問題ありません。

大半のプレイヤーにとって「低DPI・高ゲーム内感度」も「高DPI・低ゲーム内感度」も大した違いはないので安心してください。

しかし、あまりにも高すぎるとマウスセンサーのトラッキング精度が下がっていくので、高すぎるのだけは避けるようにしましょう。

マウスの性能によりますが、「3000~4000dpi」以内に収めるのがいいと言われています。

WPSを決める

まずは「WPS=Windows Pointer Speed」について説明していこうと思います。

WPSは名前の通りwindows側で設定できる「マウスポインターの速度」です。WPSはDPIの乗数であり1~11で設定することが出来ます。数字が大きい(右側に行く)ほどポインターの速度が速くなります。

しかし、入力データを増やして「解像度を上げる」DPIに対して、WPSは無理やり引き延ばして「拡大」するようなものなので、WPSを上げるよりはDPIを上げた方がいいです。理由がない限りは等倍である「6」にすることをオススメします。

WPS乗数
11/32
21/16
31/4
42/4
53/4
61
71.5
82
92.5
103
113.5

やってみれば分かりますが、WPSを上げるとマウスカーソルがカクカクした動きになります。

ゲーム内感度

非ADS時のX感度を決める

理想の状態:「感覚だけで素早くマウスを振って180度ピッタリに合わせられる」

どれだけ良い立ち回りをしても、敵が急に後ろから現れるということは避けられません。他にも真後ろを向くという場面は意外と多いです。

非ADS時は「細かく敵に狙いを定める」というよりも「どんな状況にも素早く対応できるようにしておく」というのが大切だと思うので「振り向く可能性がある最大の角度」である180度に合わせるのが合理的だと思います。

合わせ方

まず、自分の中で「これが180度だ!」というだけマウスを振りましょう。そして実際はどれだけ振り向いたかとの差を確認して、

  • 「180度より大きく」振り向いてしまったら「感度を下げる」
  • 「180度より小さく」振り向いてしまったら「感度を上げる」

というのを繰り返して「自分の感覚」と「実際に振り向いた角度」の差異をなくしていきます。5,6回やって大体あっていれば十分だと思います。あとはやっているうちにその感度に慣れていきます。

足音が後ろから聞こえるのにゆっくり後ろを振り向くような場面はないので「パッと瞬時にマウスを振って合わせられる」ということを意識しましょう。

360度に合わせる人も居ます。

ADS時の感度を決める

理想の状態:「左右に動きながらでも一点を狙い続けられる」

ADS時の感度を合わせるのには「PSAメソッド」という方法がオススメです。エイムには「フリックエイム」「トラッキング(追い)エイム」と言われる分類があります。

フリックエイム:「点」から「点」へ素早く移動するエイム
トラッキングエイム:「点」を狙い続けるエイム

PSAメソッドは「トラッキングエイムに重点を置いた感度決定の方法」です。

正確なフリックエイムは見ていて「カッケー!」とはなりますがフリックエイムが必要になる場面というのはそんなに多くありません。それに対して、自分も敵も静止したまま撃ち合うという場面はまずないので、トラッキングエイムは敵と撃ち合う時にはかならず必要になってきます。

合わせ方

まずは、自分の中で「ここだ!」という点を決めましょう。そして、その点にエイムを合わせながら左右に移動します。そうするとエイムが左にズレたり、右にズレたりするはずです。そうしたら、

  • 「移動した方向と同じ方向にエイムがズレる」のであれば「感度を上げる」
  • 「移動した方向と逆の方向にエイムがズレる」のであれば「感度を下げる」

というのを繰り返して「ずっと一点にエイムを合わせられる」or「左にも右にも同じぐらいズレる」感度を探していきます。

非ADS時のY感度を決める

理想の状態:「リコイルコントロールが簡単」

Y感度は大まかに「高低差がある敵へのエイム」「リコイルコントロール」に影響します。

「この2つのどちらを重要視するか?」という話になるのですが、

多くのゲームにとってリコイルコントロールというのは「命中率=撃ち合いの強さ」に直結してきます。リコイルコントロールが上手ければ、単純に敵に弾を当てられる回数が多くなるのでキルタイムが早くなり、敵に先手を打たれたとしても撃ち勝つことが出来るようになります。非常に重要な要素です。

「高低差がある敵へのエイム」という点で考えると「高低差がある」という状況の時は「敵との距離が離れている」というのとセットであることがほとんどだと思います。「離れている敵=小さい的」に対して正確なフリックエイムをするというのは現実的ではないです。

ということで、個人的には「リコイルコントロールが簡単な感度」に合わせることをオススメします。

そもそも、Y感度を個別に設定するゲームは少ないので、あまり考えずにX感度と同じでも問題ないと思います。

合わせ方

フルオートで撃ちっぱなしにしながらリコイルコントロールをします。そうするとリコイルが強すぎて弾が上にズレていくorリコイルコントロールしようとする力が強すぎて弾が下にズレていくと思います。そうしたら、

  • 「弾がだんだん上方向にズレていく」のであれば「感度を上げる」
  • 「弾がだんだん下方向にズレていく」のであれば「感度を下げる」

というのを繰り返して弾が一点に当たり続ける感度を探していきます。

スポンサーリンク
おすすめの記事