【PUBG Lite】ボットの割合や見分け方【いつから居なくなる?】

主にプレイヤーが少ない場合に数合わせのために投入される、あらかじめ組まれたプログラムに従い、プレイヤーが操作しないながらもプレイヤーとしてゲームに参加する仮想プレイヤーのことを「bot(ボット)」と言います。

ボットはさまざまなゲームに現れますが、この「PUBG Lite」というゲームはとりわけボットが多いのではないかと言われているので、ボットの割合から特徴までいろいろ検証しながら「PUBG Lite」のボットについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

割合

「PUBG Lite」は非常にボットが多いゲームだと言われます。私もプレイしていて、「あれ?これ俺と最後の敵以外全員ボットじゃね」ということが何回もありました。

ランクが上がっていくとだんだんボットの数も減っていくようなので、ランクと合わせてボットの割合を計測していきたいと思います。

計測方法

「フレンドを検索する」からキルログに出たアカウント名を全て検索して、アカウントが存在するか。プレイヤーの場合はアカウントが出てくるのに対して、ボットの場合はアカウントが存在しないので何も表示されない。

結果

生存タイトルプレイヤー数開始時間
TPP・SQUAD・ビギナー52/100木曜・22:38
TPP・SQUAD・ビギナー46/99土曜・22:10
TPP・SQUAD・ビギナー31/100日曜・09:10
TPP・SQUAD・ビギナー22/100日曜・10:34
TPP・SQUAD・ビギナー11/100日曜・11:01
TPP・SQUAD・ノービス583/100日曜・21:20

他にも一応、サバイバーレベルなどのデータも取っていたのですがあまり関係なさそうなので省きました。

※時間がかかるのでそれぞれの生存タイトルでデータを1つずつしか取っていない上に、ノービス5で終わっています。情報提供してくれれば追記するつもりなので、コメントなどで「生存タイトル・プレイヤー数・開始時間」を教えて頂けるとありがたいです。

いつから居なくなる?

結果をまとめると、恐らくビギナーランクの間は意図的にプレイヤー数は10人以下になるように絞っているんだと思います。

データを取っていない試合でも感覚的に、ノービス以降は「ボットばっかりだな~」と感じることはなくなりました

ビギナー どれだけ人がいてもプレイヤー人数は10人以下に絞る
ノービス以降「プレイヤー数が足りない場合の穴埋め」

という感じなのではないでしょうか。

botの存在意義

初心者でもワンチャンドン勝取れるように

勝てないゲームというのは面白くないのものです。特にライトユーザーに向けて作られたこの「PUBG Lite」というゲームには「PCゲームが初めて」という人も少なくないはずです。そんな中で、最初から古参プレイヤーに袋叩きにされたのでは、すぐに辞めてしまいます。

ゲームに慣れてもらうためにも、最初はプレイヤーの数を絞って「上手くやればギリギリドン勝を取れる」ぐらいのラインの方が初心者には優しいでしょう。

チート対策

チーターと言えど人間です。ボットと戦って勝っても面白くありません。

しかし、ボットが沢山いるゾーンを抜けるにはランクを上げなくてはいけません。そのためには、それなりの時間が掛かります。そうなると必然的にチーターの数は減ります。

チートへの対策としてはかなり有効な手段になるのではないのかと思います。日本限定マッチングということもあるのかもしれませんが、実際にチートは本家「PUBG」など他のゲームと比べると少ない印象です。

スポンサーリンク

見分け方(botの特徴)

直線的な動き

普通プレイヤーは狙撃されずらいように「ジグザグに動いたり、ジャンプしたりしながら移動」しますが、ボットはやたらまっすぐな動きをします。

他にも「棒立ちのまま撃ってきたり」など、とにかく複雑な動きをしません

単位時間あたりのダメージが少ない

当然なのですが、ボットは弱めに設定されています。ダメージが低く設定されているのか、あまり当たらないように設定されているのかは分かりませんが、とにかくボットに撃たれてもあまりダメージを喰らいません。

遮蔽物がない場所などではそれがより顕著に現れます。

間隔を空けて撃ってくる

弾切れでも射線が切れたわけでもないのに、4,5発撃つと数秒休憩を入れたりします。

ということで、「PUBG Lite」のボットについてのあれこれについて書いてきました。特に「PCゲームをある程度やったことがある人」にはボットは邪魔でしかないように感じられるかもしれませんが、初心者にとっては意外とありがたい存在です。めんどくさいかもしれませんが、最初は我慢してランクを上げてしまいましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事