【VALORANT】「Laz(ラズ)」の感度やクロスヘアなどの設定・使用デバイス【プロゲーマー】
スポンサーリンク

プロフィール

名前lazvell
生年月日1995/11/26
所属チームAbsolute JUPITER
Youtubeyoutube
Twittertwitter

Laz選手は、Absolute JUPITERのメンバー兼チームのリーダーを務めるValorantのプロプレイヤーです。Absolute JUPITERは元々"CS:GO"のプロチームであり、国内では4年間無敗の伝説的なチームでした。

CS:GOでは圧倒的王者であったAbsoluteですが、国内シーンの小ささを理由にValorantに移行。移行後も「公認大会の3連覇」や「1つの大会を決勝も含め無敗で優勝」するなどの結果を残し"日本ナンバーワンチーム"の地位を獲得しました。

そんな日本ナンバーワンチームのリーダーを務めるLaz選手の実力は確かなもので、CS:GO時代からスーパープレイを連発し"GOD LAZ"でチャット欄を埋め尽くしてきました。Valorant移行後は、日本最速で最高ランクである『VALORANT』に到達しました。

スポンサーリンク

マウス関連の設定

基本設定

DPI800
応答速度2ms
感度: 照準0.355
スコープ感度倍率0.8
振り向き23.00[cm]
振り向きは「https://www.sensi9.com/sensi」による計算。

分類としては「ローセンシ」に当たります。

マウス感度に関しては下手に真似するよりも「自分に合った設定」を探しましょう。

マウスバインド

左クリック発射
右クリックオルト発射
切り替えorホールド長押し
スナイパースコープ照準長押し
ホイール押し込みピン(クリック)/ピンホイールを表示(長押し)
マウスサイドボタン(手前側)ズームレベル切り替え
マウスサイドボタン(奥側)-
ホイール上-
ホイール下ジャンプ

バニーホップをするために"ホイール下"には「ジャンプ」を割り当てています。

ゲーム内設定

一般

アクセシビリティ

敵のハイライトカラーレッド(デフォルト)

マップ

回転固定
固定される方向自陣に合わせる
プレイヤーを中央に固定オフ
ミニマップサイズ1.2
ミニマップズーム0.9
ミニマップ視界表示オン
マップの区画名の表示常に表示

「ミニマップサイズ」は最大の"1.2"に設定しています。

その他

1人称視点での利き手
常にインベントリーを表示オン
プレイヤーロードアウトを常に表示オフ
武器インベントリーのページ送り(前/後)オフ
上下回転で武器(またはスパイク)を切り替えオフ
成人向けコンテンツを表示するオン
死体を表示するオン
血を表示するオフ
禁止用語フィルターオフ
不安定性インジケーターオン
ネットワークバッファリング最低
弾道表示オン
観戦者のカウントを表示オフ
クロスヘアの色をチームカラーと同じにするオフ
試合中のユーザーインターフェースを非表示にするオフ

操作

移動

前進E
後退D
平行移動S
平行移動F
デフォルトの移動モード走る
歩く左Shift
歩き切り替えオフ
ジャンプマウスホイール下/左Ctrl
しゃがむSpace
しゃがみ切替オフ

移動キーがそれぞれ一つずつ右に移動しています。

より細かく【歩き⇔走り】の切り替えが出来るように「歩き切り替え」はオフになっています。

装備

発射左マウスボタン
オルト発射右マウスボタン
ズームレベル切り替えマウスサイドボタン1
照準(ADS)長押し
スナイパースコープ照準長押し
リロードR
プライマリ武器を装備2
セカンダリ武器を装備3
近接武器を装備4
スパイクを装備6
次の武器に切替-
前の武器に切替-
装備中のアイテムを落とすG
最後に使ったアイテムを装備W
武器を見るX
オブジェクトを使用V
スパイクを使用(設置/解除)V/C
アビリティー1を使用/装備Q/T
アビリティー2を使用/装備A
アビリティー3を使用/装備1/5
アルティメットアビリティーを使用/装備Z
スプレーを使用Y

移動キーを一つずつ右にずらしたことで空いた"W"キーと"A"キーに、それぞれ「最後に使ったアイテムを装備」「アビリティー2を使用/装備」を割り当てています。

コミュニケーション

パーティーボイス「プッシュ・トゥ・トーク」キーP
チームボイス「プッシュ・トゥ・トーク」キーN
ピン(クリック)/ピンホイールを表示(長押し)中央マウスボタン
ピンホイールの長押し時間(ミリ秒)0.001

インターフェース

チームメイトのロードアウトを表示(長押し)左Alt
メニュー切替Esc
バトルレポートO
エージェントアビリティ説明F1
アーマリーを開くB
マップの表示(切替)-
マップの表示(長押し)M
スコアボードを表示(長押し)Tab
カーソル切替-

クロスヘア

クロスヘアの色ホワイト
輪郭オン
輪郭の不透明度0.2
輪郭の厚さ1
センタードットオフ
センタードットの不透明度1
センタードットのサイズ2
射撃誤差のクロスヘアフェードオフ
観戦対象のクロスヘアを表示オン
クロスヘアを無効にするオフ
インナーラインを表示オン
インナーラインの不透明度1
インナーラインの長さ4
インナーラインの厚さ2
インナーラインオフセット3
移動エラーオフ
射撃エラーオフ
アウターラインの不透明度0
アウターラインの長さ0
 アウターラインの厚さ0
アウターラインオフセット0
移動エラーオフ
射撃エラーオフ

グラフィック

一般

画面モードフルスクリーン
解像度1920x1080 16:9 (240Hz)
アスペクト比固定レターボックス
FPS制限(バッテリー)オフ
最高FPS(バッテリー)250.0
FPS制限(メニュー)オフ
最高FPS(メニュー)250.0
FPS制限(バックグラウンド)オン
最高FPS(バックグラウンド)60.0
FPS制限(常時)オン
最高FPS(常時)250.0
NVIDIA Reflex Low Latencyオン+ブースト

グラフィック品質

マルチスレッドレンダリングオン
マテリアル
テクスチャー
ディティール
UI
ビネットオフ
VSyncオフ
アンチエイリアスMSAA 4x
異方性フィルタリング1x
明瞭度を上げるオフ
シャープネスの動的補正オフ
ブルームオン
ディストーションオフ
キャストシャドウオフ

デバイス

モニター
マウスZYGEN NP-01G
マウスパッド
キーボード
ヘッドホンorイヤホン

ゲーミングデバイス

モニター

モニターは、「BenQ」の「XL2546K」。

BenQが販売するゲーミングモニターのフラグシップモデルであり、e-sports大会などでも使用される有名なモニターです。プロゲーマーにも多くの愛用者が居ます。

マウス

マウスは、「ZYGEN」の「NP-01G」。

スタンダードモデルである「NP-01」にグロスコーティングを施し、付着した指紋を目立たなくするために本体のカラーがブラックからホワイトに変更され、「NP-01」の光沢モデルとして発売された左右非対称で5ボタンの右利き用のマウスです。

本体重量は75gで、これより軽いマウスもいくつかありますが、Valorantのような正確なAIMが必要なゲームでは軽すぎるマウスでは逆に安定感を失ってしまうため、重すぎず軽すぎずちょうどよい重さなのではないかと思います。

DPIは(400/800/1600/3200)の4つの中から選ぶことが出来ます。ほかにもポーリングレート、応答速度に加えてリフトオブディスタンスも変更可能です。

付属品として以下の厚さが異なる2種類のマウスソールを販売しています。

  • VX SKATES 01 SPEED (0.45mm)
  • VX SKATES 02 SPEED (0.6mm)

標準で備わっているマウスソールは「VX SKATES 01 SPEED(0.45mm)」ですが、lazさんは「VX SKATES 02 SPEED (0.6mm)」の方を使用しています。

マウスパッド

マウスパッドは、「Logicool」の「G640r」。

表面には「ソフトファブリック」という素材を使用しており、程よく滑りやすく、しっかり止めやすいマウスパッドです。

プロプレイヤーの使用率が一位というデータもあり、ローセンシプレイヤーにもハイセンシプレイヤーにも評価されているマウスパッドなので「初めてゲーム用のマウスパッドを買う」という人にもオススメできる製品です。

キーボード

キーボードは、「Logicool」の「G913-TKL-TCWH」です。

テンキーレスモデルでかなり薄型なタクタイルのキーボードです。無線のキーボードであるというのが特徴ですが、キーボードはそんなに激しく動かすものではないので、普通の使い方をする分にはあまり無線である恩恵は感じられないかもしれません。

しかし、ハイエンド機種の位置付けで開発されているため、当然性能は文句なし、見た目には高級感があり、応答速度の遅さなどのワイヤレスゆえのデメリットも改善されています。

そのため、キーボードとしての完成度は非常に高く、「テンキーレスでワイヤレスかつRGBライトの薄型キーボード」という条件に合致するキーボードはほとんどないので、ハイエンド志向のプレイヤーにとっては唯一無二の選択肢になると思います。

PCを2台持っていて、サブPC用のキーボードに使うには無線のキーボードは便利だと思います。

イヤホン

イヤホンは、「Shure」の「SE215 SE」です。

「SE215」は、ゲーム用のイヤホンとして「QuietComfort20」や「IE40pro」に並んでオススメされるイヤホンです。

「オススメのゲーミングイヤホン」を聞かれれば、上記の3つがスリートップになると思います。「SE215」はゲーム用に開発されたイヤホンではありませんが、遮音性が非常に高くダイレクトに音が分かるため、敵の足音の聞き分けがしやすいです。

それなりのゲーミングイヤホンを買おうとなると値が張りますが、SE215は比較的お手頃価格であり、オーディオメーカーのイヤホンということで単純に音質が良く、変に重低音を聞こえやすく調整したゲーミングイヤホンよりも使いやすいです。

ヘッドホンと比べてイヤホンは髪が崩れない、圧迫で頭が痛くならないので長時間でも使用できるというメリットがあります。

配信デバイス

マイク
オーディオインターフェースUSBマイクのため不使用
ウェブカメラ

まとめ

ビデオ設定やキーバインドについては丸パクリしてもいいと思いますが、「マウスの感度」などのマウス関係の設定は、他人のものを丸パクリするのではなく「自分に合ったもの」を探すことをオススメします。

ここまで読んでくれてありがとうございました。不足していたり古くなってしまった情報については「最新の情報が分かる配信のURL」などと共にコメントして頂ければ確認したのちに更新するので、情報元を参考に気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事